フルマネージドサービスとは

フルマネージドサービスとは

フルマネージドとは・・・完全運用保守管理代行

専用サーバの階層構造

これまでの一般的な「専用サーバサービス」の内容は、回線、サーバ機器、ネットワーク機器などのハードウェア環境を準備し、サーバ本体を設置し、OSをインストールした状態で提供し、その後の実務的なサーバ設定・保守・管理・運用などはお客様自身で行っていただかなくてはなりませんでした。
障害時でもお客様自身が解決しなければならず、専用サーバを利用するには大きなコストと手間、リスクがありました。

このようなサービスだと自社内にサーバ管理のできる専門知識を持った人材が必須であるため、敷居が高いサービスと思われていました。

しかし、サーバ管理の技術的な運用管理やセキュリティ対策、障害発生時の対応まで、専用サーバサービスの中でまとめて面倒を見てくれるサービスが現れました。

それがフルマネージド専用サーバーサービス、フルマネージドホスティングサービスです。

専門的な技術が必要なサーバ管理業務をアウトソーシングできるので、自社でサーバ管理者を雇うよりも安価に高い信頼性を得ることができます。
またお客様は、本来の目的である、ウェブサイトコンテンツの企画や営業、運営に集中できるので効率がいいといえます。

近年マネージドサーバーサービスの重要性が注目されています。

フルマネージドサーバと通常のホスティングサーバとの違い

聞きなれない言葉だと思いますが、この違いを知っておくことは、お客様にとって非常に重要です。

なぜなら、概ね「安いから」という理由で、サービスの中身をよく理解せずに通常の専用サーバ(マネージドサービスではない)を契約し、運用中に何か障害が起きた時にはじめて、サポートが不親切、電話が繋がらない、対応が遅い、ということに気が付くからです。しかし、その時にはもう遅いのです。

フルマネージドサーバなら、サーバ管理の技術的な運用管理やセキュリティ対策、障害発生時の対応まで、幅広くサポートしてくれます。

サーバは、お客様のウェブビジネスの土台を支えている場合が少なくありません。あなたのビジネスチャンスが失われるだけでなく、信用を失う可能性もあるのです。

サーバ運営の怖いところは、見た目上、正常に稼動しているように見えても、実は日々水面下でいろいろなことが起こっているのです。

それらを日々監視し、見極めることで深刻な障害を未然に防ぐことができるのです。

毎日の監視体制、持続的な管理体制が非常に重要であること、をご理解ください。

安定した運用を考えると、マネージドサーバが必須です。

テトラビットのフルマネージドサービス

フルマネージド一筋 24時間365日の安心  10年の実績

テトラビットではフルマネージドサーバという言葉がない創業時より、お客様に代わり、サーバの設定、運用保守管理を行うフルマネージドホスティングを実践しておりました。

お客様とのコミュニケーションと毎日の監視体制で、被害や損失が大きくなる前に、事前に摘み取る、水際で防ぐ。普段からサーバの状況を把握しているので、何か異変が起きた時に早く気づくことができるのです。

これがテトラビットの基本姿勢です。

単にサーバを提供するだけではなく、サーバの運用・保守を通して、御社のビジネスパートナー、「サーバ部門」という気持ちで日々サーバの管理をしております。

お客様が安心して、相談できるサーバ会社として、「どんな相談にも乗ってくれる」「痒いところに手が届く」会社として、お客様との信頼関係を築いております。

▶ テトラビットのフルマネージド専用サーバサービスの詳細

サーバ導入におけるご相談、サーバ引越しに関するご相談など全て無料にて対応させていただいております。お気軽にご相談ください。

まずは、ご相談ください。お申込・お問合せは 下記までお気軽にどうぞ
お電話 お問い合わせ電話
(平日10時~18時)
お問合せ・資料請求 / 見積依頼 お問合せ 見積依頼