IDS(不正侵入検知システム)/ADS(自動防衛システム)

IDS(不正侵入検知システム)/ADS(自動防衛システム)

IDS(不正侵入検知システム)の特徴

IDSとは(Intrusion Detection System:不正侵入検知システム)
ハッカー(クラッカー)などによる不正侵入や攻撃を検出します。

1300種類以上のシグネチャを搭載

多種多様なハッキングパターンを検知します。

攻撃元との通信を完全に遮断

重要度ランクに応じて遮断時間を設定できます。

フラグメント化されたパケットも再構成して検査

パケットのフラグメント化をはじめとするIDS回避策に対処可能です。

シグネチャの自動アップデート

常に世界の攻撃情報を監視し、毎週の更新に加え緊急時も自動で更新します。

ADSの特徴(自動防衛システム)

ADSとは(Active Defense System:自動防衛システム)
ファイアウォールと連動し、IDSで検知された不正アクセスの攻撃元との通信を自動的に遮断します。

IDSが攻撃を検知した場合、攻撃者からの全てのパケットを破棄する ルールを Firewall に自動的に反映させ、リアルタイムに攻撃を阻止します。

IDS(不正侵入検知システム)/ADS(自動防衛システム)

料金

※すべて税別表記です
サービス 初期費用 月額費用
IDS(不正侵入検知システム)/ADS(自動防衛システム) 20,000円 20,000円

※WAF(Webアプリケーションファイアウォール)と合わせて、より高いセキュリティ環境の構築が可能です。

対応するサービス

専用サーバ

仮想専用サーバ

ハウジング

▶ オプション一覧ページへ